人生100年時代の生き方や働き方はこれで決まりだ!

日本では少子高齢化が言われていましたが今では更に事態は進み人生100年時代と言われています。

将来的には医療や食の発展により、2人に1人が日本の現在の平均寿命を遥かに超える100歳を超えて生きると言われています。

年金もあまり期待できない中で自分はいくつまで働けば良いのか?

どうやって生きてけば良いのかを真剣に考えます。

60歳になるまでににどれだけ仕事や副業や株や不動産投資などで稼げるかが勝負

人生100年時代の生き方や働き方としては60歳未満の世代は節約をして貯金をして、自分へのスキルアップへの投資、もしくは副業へ尽力して収入を伸ばす。

スキルアップ編

自分のスキルアップは現在の仕事に少しでも関連するスキルがいいです。

なぜならば資格がなければ従事できない資格ではない限り、経験の方を重視するのがこの社会だからです。

仕事に関連する資格をとれば経験と資格で鬼に金棒です。

副業は自分の得意なことや好きなことを活かしたものがおすすめです。

そこから余裕があれば株や不動産投資などで資金を移して将来に余裕が持てるようにしましょう。

副業の場合

自分が好きなものはありますか?

それを活かした副業がおすすめです。

何事も情熱が大事です。

情熱があれば続けれられるし、どんどん上手くなってきます。

何よりもやってて楽しいし、喜んでくれる人がいればもっと楽しい。

例えばラーメンが好きであればラーメンのブログを書いたり、You Tubeで放送したりしましょう。

You Tubeでラーメンを食べてるだけで生活してる人は実際にいます。

iPhone好きであればジャンク品をネットで買って直してヤフオクやメルカリで売ったりしたりできます。

私もスマホの画面交換や電池交換はしたことありますがYou Tubeなど見ながらやれば意外と簡単です。

くだらないと思うことでも需要があってお金になることがあります。

どうせやるなら人生100年時代を楽しんで生きてやりましょう。

株の場合

株への投資の場合は確定拠出年金や積立NISAなど税金面がお得な運用方法で米国株を中心としたインデックスファンドを利用した世界分散投資がおすすめです。

株も細かく短期で利ざやを目指すのか、長期で長い値動きで利益を目指すのかなどいろいろ方法があります。

気をつけてほしいのが楽をしようとして高コストの投資信託だけに資金を集中させるのはやめたほうがいいです。

確かに何割かは本当にすごい利回りを長期で出すのですがそういった投資信託は少ないです。

基本はETFや低コストの指数との連動を目指した投資信託をおすすめします。

不動産投資

不動産投資であれば距離が近く土地勘がなるべく効く場所がいいです。

距離が近ければちょっとした変化に気づけたり何をするにも時間がかかりません。

不動産投資といってもやり方によってメリット&デメリットがあります。

  • 新築、中古、競売物件?
  • アパート、一戸建て、マンション?

何が優れてるのかではなく、どういった方法があって自分に合いそうなのか知る必要があります。

例えばリスクは高いけど高利回りを目指すならボロの物件を競売物件で落として自分でリフォームして貸し出したり、転売したりする方法があります。

しかし、物件によっては買ったあとに傾きがあったり、雨漏りがあったりするのがわかる場合があります。

そういった問題をクリアできる手先の細かさややってやるというやる気があれば高利回りが期待ができます。

安定的で低利回りでも良いのなら駐車場などやり方はたくさんあります

まず、やりたい場合は株もそうですが本などを読み勉強する必要があります。

人生100年時代の働き方としては常に勉強する気持ちでいたほうがこのサバイバーな時代を生き残れます。

60歳以降は株投資や不動産投資は判断力が落ちるのでやめたほうがいい

よく巷では米国株のみで積立投資をしてればいいのとかいいますが確かに有効な面はあるのですがそれは若い世代の場合です。

60歳以降で初めて資産運用をしようとするのはやめたほうが良いです。

判断力が落ちたり、感情的になりやすくなったりして衝動的な行動をとりやすく失敗しやすいからです。

また、60歳以降はガンガン稼ぐ時期ではなく今まで稼いだお金を守る年齢です。

運用するにしても株の割合を少なくして債券や現金の割合を多めにするのがおすすめです。

不動産投資の場合は新たに増やすことをせずに維持管理に務めるべきです。

相続税対策でアパートなどを新設する際もよく考えて行動しましょう。

まとめ

人生100年時代の生き方や働き方を書かせていただきました。

年金が期待できないなどの暗いニュースが多いですが今からやり方しだいで楽しく人生100年時代を生きていけると思います。

逆に人生を楽しんでやろうと気持ちがあれば人生が明るく照らされると思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする