貯金ゼロでも工夫すれば大金持ちになれるのか?

お金ってあれば安心しますし、ないともし何かあったら困りますよね。

そんなか世の中では日本人は貯金が好きと言われていますが今では30代、40代の貯金ゼロは23.1%もいるというニュースが流れました。

日本人はここまで貧乏になってるのかと世間をざわつかせました。

そんな驚きのニュースのなかでどうしたら貯金ゼロから抜け出すための方法を年収平均以下なのに同世代の平均貯金額の4倍貯金できた経験から書いていきます。

貯金ゼロの人は会社や親や夫や妻に任せると良い

そこそこ年齢を重ねてるのに貯金ゼロの人は最初から貯金をする気が元々なかったか、貯金の仕方がわからない人が多いです。

平均年収か少し下ぐらいで貯金をしようとしてもできない人の場合、色々と考えて行動に移すよりも信頼できる人にお金の管理を任せるのが一番労力がかかりません。

何事も人には得意、不得意があるので無理に苦手なことに挑戦して中途半端な結果になるよりも得意の人に任せるのが効率がいいです。

任せる対象は会社や親や妻や夫です。

1,会社に貯金を代行してもらう

会社であれば自動的に給料から差し引いて貯金を代行してもらう財形貯蓄制度を利用するのが一般的です。

私の知り合いも給料があれば飲み会などに全部使ってしまう貯金ゼロの人でしたがこれを利用することで貯金ができるようになりました。

ただ、これは信頼できる会社に限るですね。

今にも潰れそうな会社や信頼できない会社にやっては駄目です。

会社で厚生保険に入ってると言ってて後々ひょうなことがきっかけで実は入ってなかったと分かるなどとんでもない会社がたまにあるから怖いですよね。

2,自分の妻や夫に貯金してもらう

これはわかりやすいです。

夫婦であればどちらかが財布を握るのが普通ですから貯金が得意な方に任せるのは自然だと思います。

ただ、疑うわけではないですが今までのケースで任せていたのに実は浪費されていたり、分かりにくいように少額を少しずつ秘密の口座にプールさせていたりするケースもあるので注意が必要です。

半年に一回とかで良いのでどれくらい貯まってるかどうか定期的に自然な感じで確認するのは大事だと思います。

月に一回とかだと信頼してないの?とか思われるかもしれませんので悪魔でも自然にです笑

3,親に変わりに貯金してもらう

これはたまに芸能人とかでもいますね。

部屋の掃除から貯金まで全部任せてしまう人。

これもお金の管理ができない貯金ゼロの人には良いと思います。

ただこれも影で使い込まれてる可能性もなくはないので定期的に確認しましょう。

他のと違ってこれを周りに言ったり、バレると親離れできてないと思われたりする場合があるので注意が必要です。

出費を分析して、聖域をなくす

これはお金が貯まらないのはなぜか?【知らないと大損?】にも書いたのですが自分がどういうタイプの出費タイプなのか知ることが大事です。

  • 小さい出費が重なって浪費してしまう人
  • 毎月、ほぼ固定的にかかる費用に圧迫されて貯金ゼロの人

どういったことに使ってるか分かるのは大事です。

それによって対策が変わってきます。

聖域はなくせる

人によってはこれは削れないといういわゆる聖域があると思います。

ですが意外と工夫すればそんなに大事ではないこともあります。

要はしっかりと向き合って考えることが大事です。

私の場合はスマホ代や車の関連費が高かったのです。

そういったこともあってスマホは格安SIMにして25%に圧縮に成功しました。

最初は「よくわからない。怖い」といった感じがありましたが意外と簡単でした。

車は車検費用や駐車場などの関連費用などを計算したら一ヶ月18000円ぐらいかかってたので原付なのに屋根付きで荷物がたくさん載るジャイロキャノピーに変えました。

貯金ができたら余裕ができたら投資も忘れずに

上手く貯金ゼロから脱出できたら株式投資の勉強をしたほうが良いです。

日本だとギャンブル、危険なイメージが強いですが20年税金がかからない積立NISAや税金が控除される確定拠出年金で少しずつ積み立てながら時価総額加重の比率に合わせた世界分散投資をすれば定年の頃には一財産を築いてる可能性が高いです。

それは過去200年の歴史が証明しています。

時価総額加重に半分以上も含まれる米国株の30年リターンだと年平均+9.4%あるのでそれだと100万円でも30年後には1400万円ぐらいになります。

ただ短期的には1年で-50%の下がり方をする場合があるのでそういったときは逆に将来のための安く仕込むチャンスと考えて耐えれれば成功する可能性が高まるでしょう。

大事なのはお金を稼ぐ→できるだけ多くお金を残して貯金する→長期的に見ればプラスリターンに見込める株などに投資をする→お金を稼ぐ

この好循環を生み出すのが大事です。

まとめ

貯金ゼロの状態をどうやって抜け出せるかを考えてみました。

私は苦手なことからは逃げても良いと思います。

得意なことは得意な人に任せて自分は自分の得意なことを究めて一流な人間になりましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする