ドイツ銀行の破綻危機は将来の大暴落の火種となるのか?

けんちゃんです。

本日はドイツ銀行の事について書いていきたいと思います。

ドイツ銀行と聞いて皆さん、何をイメージされますか?

大抵の方はよく知らないと言った方が多いと思います。

ドイツ銀行は2009年の経営危機になるまでドイツの3大銀行と呼ばれた1870年から続く中央銀行ではない老舗の民間の銀行です。

日本だとマイナーなので知らない方がほとんどだと思いますが日本でも活動拠点を持っており、ドイツ銀行、ドイツ証券、ドイチェアセットマネジメント、DB信託などビジネス展開をしています。

そんなドイツ銀行ですが右肩下がりで株価が下落しており、2007年から2009年のサブプライムローンからのリーマンショック時の株価を下回っています。

引用元:ドイツ銀行【DB】:チャート/株価 – Yahoo!ファイナンス

長期的な下落原因

どうして、こんなにも下がってるかと言いますと色々な要因があります。

欧州中央銀行(ECB)政策金利が0%と低すぎて利ざやが稼げないことによる要因や米国からサブプライム関係の住宅証券販売で8500億円の制裁金を課せられたりしてダメージを受けています。

危険なギリシャ債券もたくさんもっていたりと話題に事欠きません。

ただでさえ、ドイツ銀行は経営危機に陥ってるのに仮にギリシャがデフォルトしたらダメージが大きくドイツ銀行の破綻の可能性が高くなります。

その前にギリシャが破綻したらほかのEU圏のギリシャ債券を持っている国々が連鎖的に危機に陥ってドイツ銀行との問題と並行してやばそうです。

経営再建

立て直しを測ろうと事業を縮小したり従業員をクビにしたりして経営再建を図っていますが株価を見れば分かりますがなかなか希望が見えません。

クビによる人員不足のせいか、経営不安で手元が狂ったのか、3兆7600億の金額を間違えて入金してしまったり非常にドイツ銀行内も混乱してると思われます。

どうしてドイツ銀行が破綻したり経営危機のショックで世界の株価まで波及するのかと言うとドイツ銀行は7500兆円相当の途方もない額のデリバティブ債を抱えてるからです。

これはEU全体のGDPの5倍、ドイツGDPの20倍ととてつもない金額ということが分かると思います。

ドイツの首相は以前に「ドイツ銀行は救済しない」とおっしゃったそうですがしないじゃなくてできないという方が正しいことが分かります。

ドイツ銀行は債務削減中

2019年5月30日現在はドイツ銀行の株価は市場最安値を記録しています。

リーマンショック時なんか話にならないくらいです。

現在はドイツ銀行は直近だと増資や債務削減でなんとかしようとしていますがなおも最安値更新しています。

債務削減もかなり減らさないと難しいとかなり厳しいです。

いったいどうなるのか?

金融危機時にやばそうな予感しかしないです。

ストレステスト不合格

2018年の6月28日のFRBの声明ではストレステスト、つまり景気後退などの次の不況に耐えれるかのテストでドイツ銀行以外の全ての銀行がクリアをしたのですがドイツ銀行だけが不合格でした。

そういった皆がドイツ銀行をやばいと分かっていますので空売りが増えて世界大手銀行でも最大規模の空売り額だそうです。

著名な投資家がドイツ銀行の空売りを勧めたり、空売りを実行したりでさらに下げが下げを呼ぶ展開になっています。

ドイツ銀行の直近の決算

ドイツ銀行の2018年10月24日に発表した第3四半期決算は前年比で純利益が65%も減少した物でした。

1年を通しで見れば赤字で3年連続の赤字ですのでドイツ銀行の株価が表してる通り厳しい結果です。

ただし、経営陣は通期で黒字になると転換する見通しを出していますが株価が示す通り、あまり投資家からは信用はされていないようです。

爆発した時の被害想定

リーマン・ブラザーズは負債総額70兆円でしたがドイツ銀行は負債が260兆円を上回ると言われております。

仮にもしもドイツ銀行が破綻ということになればリーマンショックどころではなく世界恐慌レベルまでいきそうな所です。

そうなれば失業率が上がり不満の鬱積による暴動やテロなどが多発する世紀末の世の中になるかもしれません。

今のうちに筋トレに励み、モヒカンとバギーを用意をするのも良いかもしれませんが世界中がドイツ銀行の破綻リスクを分かっていると思いますのでなんとかしてもらいものです。

まとめ

ストレステストの結果を見ると次の景気後退時にはもしかすると連鎖的にリスクが表面化して全体の株価に影響して深刻化する可能性があります。

1,株の売り時を判断する2つの方法にも書いた短期金利と長期金利の差の逆イールドが達してない

2,株を売るタイミングはいつがいいのか?に書いた失業率が横ばいか全体的に上昇に転じてない

ことから次の景気後退まで若干の時間の余裕があると思いますのでその間はリスクを少し抑えつつも米国株式で運用していきます。

よろしければ

応援クリックをお願いします

記事作成の励みになります

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 名無しさん より:

    ドイツ銀行破綻によってドイツがハイパーインフレになってナチスが復活する未来が見えたw
    たぶん、次のナチスはモヒカン肩パットを装備した世紀末覇者だとい思うw

    • kentilyan より:

      自分で書いておいて何ですがドイツ人のモヒカン肩パッドを想像したらシュール過ぎるw
      今から北斗神拳を学ばないといけないですねw